オイシックスの放射能検査。妊娠中のママも納得できる安心の検査内容

オイシックスの放射能検査。妊娠中のママも納得できる安心の検査内容

オイシックスの放射能検査。

妊娠中のママも納得できる安心の検査内容についてご紹介します。

オイシックスは放射能検査をしているから安心!

とは言うけれど、まだまだ心配。

ネットで調べると、妊娠中に内部被爆すると、奇形児が生まれるだとか、不妊、流産、白血病など不安を煽る情報ばかり。

そんな不安の種をひとつづつ潰していこうと、私なりに検査を始めた。

色々調べていくと、あまりにも専門性が高くてギブアップ寸前。

でもお腹の赤ちゃんを守るためなら、元気にスクスク育ってもらうためなら、これくらいは調べないと。

私なりに調べた結果は、オイシックスの放射能検査、ここまでやってくれているなら安心!

本当に本当?

そう思った方は、読み進めてください。

\オイシックスのお得なお試しセット(送料無料)はこちら/

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第一ステップ、放射能や放射線について

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第一ステップ、放射能や放射線についてお伝えします。

どれだけオイシックスの放射能検査に疑問があっても、放射能について自分が何も知らなくちゃ、理解もできないし、良いも悪いも判断できません。

放射能?放射線?放射性物質?これってみんな一緒??

まずはこんな基礎中の基礎から解消しましょう。

できるだけ簡単にまとめます。

放射能

放射性物質が放射線を出す能力のこと。

放射線

物質を通過する高速の粒子や波長が短い電磁波のこと。

放射性物質

放射能をもつ物質のこと。

ニュースでよく耳にする放射性ヨウ素や放射性セシウムを指します。

他にもたくさんの種類があります。

放射性物質がもつ放射能は、時間とともに弱まり、一定の期間が経つと半減します。

電球にたとえるなら、電球が放射性物質、光をだす能力を放射能、光が放射線です。

どうですか、コトバの意味を整理できましたか。

これを知るだけで理解度が早まりますよ。

オイシックスのお得なおためしセット(送料無料)キャンペーンはこちら>>

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第二ステップ、ベクレルやシーベルトについて

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第二ステップ、ベクレルやシーベルトについて説明します。

妊娠中で、お腹の赤ちゃんへの放射能の影響を心配している。

そこまで心配ならば、次の情報も必ず知っておくべき!

だってそうしないと、放射能検査をクリアした安全な食品かどうかを選ぶ判断ができなくなってしまうから。

知っているようで知らないベクレルやシーベルト。

ニュースで聞くけど、一体何?どんな違いがあるの?

こちらも簡単にまとめます。

ベクレル(Bq)

放射性物質が放射線を出す能力(放射能の強さ)を表す単位です。

農産物などの食品に放射性物質が検出された場合は、1kg当たりの「ベクレル」で示されます。

例)10Bq/kg

シーベルト(Sv)

人体が受けた放射線による影響の度合いを表す単位です。

放射線を外部から受ける外部被曝では、空間線量と被曝した時間で計算できます。

放射性物質を含んだ食品などを摂取して体の内側から放射線を受ける内部被曝では、ベクレルと食べた量(kg)と実効線量係数(※1)により、それぞれ人体への影響の程度(シーベルト)(※2)を計算できます。

※1

放射性物質の種類や年代ごとに、口から摂取したか、鼻から吸い込んだかなどの被曝経路別に国際放射線防護委員会などが設定している係数。

※2

放射線の管理は、一時的な被曝量だけでなく、被曝総量を管理することも重要だそうです。

以上、ここまでが基礎中の基礎、コトバの意味でした。

このベースがあると、オイシックスの放射能検査への疑問を解きやすくなります。

念の為、もう少しだけ、情報を手に入れましょう。

オイシックスのお得なおためしセット(送料無料)キャンペーンはこちら>>

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第三ステップ、基本的な疑問も解消したい

オイシックスの放射能検査、疑問解消の第三ステップ、基本的な疑問も解消できるよう説明します。

コトバの意味を理解した上で、次のステップです。

放射能、放射線、放射性物質についてもう少し詳しくみてみましょう。

原発事故で放出される放射性物質はどんなもの?

原発事故で放出される放射性物質の中で、環境や人の健康に大きな影響を及ぼす代表的なものは、ヨウ素とセシウムです。

ヨウ素は半減期(物質や濃度などが崩壊や化学反応で半減するのにかかる時間)が8日なので、放出されてから数週間で大幅に減ります。

セシウムは、セシウム134とセシウム137があります。

セシウム134が半減期2年、セシウム137が半減期30年。

長期に渡り影響を与え続けてしまいます。これは怖いですね。

食品の放射性物質の量から、食べた人の被曝量の計算方法を知りたい

食品に含まれる放射性物質の量はベクレル(Bq/kg)で表されます。

これに食品摂取量(100gなら0.1)をかけ、さらに放射性物質ごとの係数をかけて、人がどれくらい放射線を浴びたかを計算できます。

被曝線量の単位はシーベルト(Sv)です。

例えば、セシウムを100Bq/kg含む野菜を100g食べたときは、100 X 0.1 X 0.016 = 0.16マイクロシーベルトになります。

※放射性物質を摂取したときの被曝線量係数

・放射性ヨウ素 :成人0.022、乳児0.14、幼児0.075

・セシウム合計 0.016(Cs134:Cs137=1:1として)尚、セシウムは成人、乳幼児の区別はありません

食品に付着した放射能は家庭でも減らせるの?

ある程度は水で洗い流せます。

キャベツのように葉が巻いている野菜は外側の葉をむきます。

皮をむいて使う青果は皮をむきます。

そうすれば外側に付着した放射性物質を取り除けます。

野菜は水と一緒に火にかけて沸騰したら、ザルなどにあげてゆで汁を捨てると、さらに減らすことができます。

私たちは、ふだんから放射線を浴びているの?

私たちは日常生活でも放射線を浴びています。

自然界にも放射性物質があります。

大地や宇宙からも放射線が出ています。

病院の検査でも放射線を浴びることがあります。

オイシックスのお得なおためしセット(送料無料)キャンペーンはこちら>>

オイシックスの放射能検査、放射性物質に関する取り組みのおさらい

オイシックスの放射能検査、放射性物質に関する取り組みをおさらいしますね。

第1段階 全アイテム放射線量の検査を実施

オイシックスがセンターから出荷する青果物・乳製品・卵・鮮魚・精肉は、全アイテム放射線量の検査を実施しています。

これ以外のセンターから出荷する商品(DEAN & DELUCA、Soup Stock Tokyo、他ブランドストア商品を含む)も、ランダムにピックアップし、検査を実施しています。

まずはこの時点で、オイシックスの全商品が放射線量の検査をクリアしています。

その上で、一部商品はさらに高精度の検査を行っています。

第2段階 1,200品を超える商品はさらに高精度検査を実施

この高精度の検査は「ゲルマニウム半導体検出器」を使用します。

この検査で放射性ヨウ素・放射性セシウムが「不検出」であれば「グリーンチェック商品」として販売します。

この高精度検査が行われた商品はオイシックスの全ての商品ではありません。

妊婦やママからの要望が多い、野菜・乳製品・魚・ベビーフードなど、毎日の食卓に必要な1,200品を超える商品のみ実施しています。

大きくこの2点が、オイシックスの放射能検査で語られていることです。ここまではわかった!

で、一体何を検査しているの?そこが知りたいし、そこが問題!

オイシックスの全アイテム放射能検査の疑問、いよいよ核心に迫ります。

オイシックスは放射能検査で安全。生産地まで選べるから妊娠中でも安心
オイシックスは全商品放射能検査済みだから妊娠中でも安心。さらに生産地まで選べるので自分で放射能対策もできます。妊娠中の食事はデリケート。赤ちゃんの健やかな成長のために、少しでも安全な食品を選びたい。そんな想いが叶うのがオイシックスです。

オイシックスの全アイテム放射線量の検査、の検査方法を徹底解剖!

オイシックスの全アイテム放射線量の検査、の検査方法を徹底解剖します。

この第1段階の「全アイテム放射線量の検査」をなぜ、どのように、やっているのか。

ここを掘り下げます。

検査の方法

目的

空間線量の影響を受けない遮蔽環境で、核種(原子核の種類)ごとの放射線量が基準値を超えていないかどうかを確認しています。

対象・方法

青果物・乳製品・卵・鮮魚・精肉など全アイテムについて1検体(検査対象で取り上げる物体)を、遮蔽環境においてサンプリング検査(抜き取り検査)を実施しています。

ここでいう全アイテムとは、入荷ロットごとなど、放射能レベルが均一と推定される範囲で1アイテムとみなしています。

使用機器

アメリカのバークレー ニュークレオニクス社のシンチレーション式スペクトルメーターを3台。
ヨウ化ナトリウム(NaI)結晶が検出器に使用されていて、簡易検査(スクリーニング)に利用。

運用方法

農林水産省24食産第445号農林水産省食料産業局食品小売サービス課長通知「食品中の放射性物質に係る自主検査における信頼できる分析等について」に基づいて運用されているようです。

検出限界

ベビー&キッズ検査は 概ね5~10Bq/kgです。Bqはベクレル。ベクレルは放射能の強さを表します。放射性物質が1秒間に崩壊する原子の個数です。

検査の確認

使用機器

オイシックスの検査機器は、公益社団法人 日本アイソトープ協会が発表している「食品中の放射性セシウムスクリーニング法に対応可能な検査機器の情報について」に掲載されているものを使用しています。

つまり公的機関のお墨付き機器ということです。

検出限界

測定機器の日本代理店、セイコー・イージーアンドジー株式会社からの技術資料3に基づいて設定しています。

検査結果

株式会社同位体研究所などに定期的に検査委託しています。

この結果と自社分析の結果を照合して、問題のないことを確認しています。

 

と、このような内容で検査に取り組んでいるようです。

普段聞きなれない専門用語も多く、なんだか煙に巻かれた気分もしますが、自社で完結する簡易な検査ではないことが明白です。

オイシックスのお得なおためしセット(送料無料)キャンペーンはこちら>>

まとめ ~オイシックスの放射能検査。妊娠中のママも納得できる安心の検査内容~

オイシックスの放射能検査。

妊娠中のママも納得できる安心の検査内容については、おわかりいただけましたか。

『つくった人が、自分の子どもに食べさせられるもののみをお届けします』このポリシーを貫き、検査へのこだわり、安全な食品を提供する自負をひしひしを感じます。

ここまで徹底した検査であれば、妊娠中のママの心配も徐々に溶けていきますね。

これならお腹の赤ちゃんにも安心して、栄養がいきわたる。

すくすく元気に育ってくれる。

そんな気持ちにさせてくれます。

この安心感こそが妊娠中に欲しかったもの。

ようやく妊娠中の食への疑問、お腹の赤ちゃんへの心配が解消できてきました。

食への不安も少し薄れ、日々の妊娠中の悩みのひとつが消えて、晴れ晴れしてきませんか。

オイシックス、妊娠中のママの食事にいいかもしれませんね。

ところで、これまでにオイシックスを利用したことはありますか?

もしもまだオイシックスを利用したことがない方は、今がチャンスです。

今なら、オイシックスを始めてご利用される方限定で「おためしセット」キャンペーン実施中です。

大人気商品のミールキットを含む全14品セット、通常4,000円相当のところを1,980円で体験できるキャンペーンです。

1,980円でオイシックスの安全性と美味しさをプチ体験できます。

赤ちゃんへの影響を心配して食事に気を遣う妊娠中のママは、一度おためししてもいいかもしれませんね。

\オイシックスのお得なお試しセット(送料無料)はこちら/

タイトルとURLをコピーしました